医院ブログ|定額制の見えにくい歯列矯正歯科は大阪・梅田の「H&S矯正・審美歯科」 月別: 2017年2月

キービジュアル

矯正歯科治療の医療費控除 / 北新地 歯列矯正歯科

2017年02月24日

矯正歯科治療でも一定の条件を満たせば医療費控除の対象になります。
矯正治療にかかる費用は決して安いとはいえません。
支払った医療費が10万円を超える場合、一部の金額が還付される医療費控除制度について、一定の条件をご案内致します。

「一定の条件とは・・・」
子どもの場合、咀嚼障害の改善・発音障害の改善等が目的の矯正治療は医療費控除の対象となります。
大人の場合、かみ合わせが悪くて機能的に問題があり矯正治療が必要とした場合は、対象になります。
見た目の改善を目的とした審美的(美容)理由を唯一とする治療の場合は、医療費控除の対象にはなりません。
美容を唯一の理由とする治療ではないことを示す担当医の診断書が必要となりますので治療前に、医療費控除の対象になる症状か確認しておきましょう。

1月から12月までの1年間に支払った「治療費」と「通院のための交通費」の合計が10万円以上であれば医療費控除の対象となります。
矯正治療で支払った費用は検査料、診断料、装置代、処置料や調整料などです。
通院のための交通費は原則として公共交通機関に限られますので、マイカーのガソリン代は含まれません。
金額を証明する領収書等が必要になりますので、全て大切に保管しておいてください。
公共交通機関の交通費は乗車区間と日付のメモでも認められるようです。

申告は毎年2月16日から3月15日の1ヵ月間です。
詳細は担当税務署にご確認ください。

中学生、高校生の矯正 / 梅田 歯列矯正歯科

2017年02月22日

中学生になると部活動などを通じた交流も増え、学校生活を通じて自分で考えて行動する機会が多くなってきます。思春期ゆえの様々な不安や悩みを抱きながらも、人間的にも大きく成長する時期です。
高校生になると大人の入り口ともいえる時期です。成長発育において、男の子は身長の伸びが緩やかになり、骨格的にも大人に近づいてきます。女の子は大人の女性らしさが増してくる時期です。

すっかり永久歯にかわった中学生以上のお子様でも、まだまだ手遅れではありません。中学生、高校生のお子様は、ちょうど子供から大人の身体へと成長中の時期。成長中の顎の骨を利用することで効率良く矯正をすることができます。顎の骨の成長を利用して歯並びを矯正できるため、大人になってから始めるよりも比較的短期間でスムーズに行えるケースが多くあります。

周りの目が気になってくる年代でもありますし、歯並びの悪さがコンプレックスになっている中高生も珍しくありません。中学生や高校生のうちから、ぜひ歯列矯正をしてみましょう。

若いうちから矯正治療をして、歯に対する意識を培っておくと、自分の歯で生活したいというモチベーション向上にもつながります。矯正中は定期的に歯医者に通うので自然と歯に対する意識も高まり、歯科医院に対する恐怖心もなくなります。

人の第一印象でお口まわりの表情はとても大切です。歯並びの良い自信を持ったスマイルは絶対にプラスになる事は間違いないありません。

歯並びが気になる方、貴になり始めた方、どうぞお気軽に当院にご相談下さい。

出っ歯(上顎前突症) / 大阪市 歯列矯正歯科

2017年02月14日

イーッとかみ合わせて横から見た時、正常な噛み合わせの場合、下の前歯より上の前歯の方が少し前に出ています。
その距離(オーバージェット)が大きく離れていると上顎前突症となります。
前歯で物が噛みきれなかったり、発音がしにくかったりと見た目以外でも悩んでる方が多くいらっしゃいます。
また、顎関節症になりやすかったり、口が閉じれなくて乾燥状態になり虫歯や歯周病になりやすいなどのリスクもあります。

上顎前突症は、以下の3つに大きく分類されます。
①骨格性上顎前突症
顎は上顎と下顎に分かれています。上顎が大きかったり下顎が小さかったりするとオーバージェットの値は大きくなります。
②歯性上顎前突症
上の前歯が前に傾いていたり、下の前歯が後ろに傾いてしまってオーバージェットの値が大きくなった場合のことをいいます。
③機能性上顎前突症
顎の位置がずれてしまっている場合

矯正ではワイヤー矯正かマウスピース矯正で治療していきます。
骨格性上顎前突症では、外科的な顎の手術が必要となる場合もあります。
この場合、健康保険を利用して矯正治療を受けられる可能性もございますので、健康保険適応症例か一度ご相談にいらして下さい。

すきっ歯(歯間離開) / 大江橋 歯列矯正歯科

2017年02月4日

歯と歯の間に隙間が空いてしまっていることを歯間離開といいます。
特に上の前歯に隙間がある事を正中離開といい、笑ったときに目立つため悩まれている方も多いと思います。
矯正治療では主にワイヤー矯正かマウスピース矯正で歯を動かし隙間を埋めていきます。

歯間離開になってしまう原因は様々です。

・顎の大きさと歯の大きさのバランス
顎のアーチが大きいと歯の大きさが正常でも隙間ができてしまいます。

・矮小歯
極端に小さい歯を矮小歯といいます。上の側切歯(前から数えて2番目の歯)に多く見られ、隣り合った歯に隙間ができてしまいます。

・先天的欠損
生まれつき歯の数が少ない場合は無い歯の部分に隙間が空いてしまいます。

・顎の歪み
頻繁に頬杖をついたり、寝る体制がいつも同じだったりすると骨格が歪み、噛み合わせにも影響を与えます。

・舌癖
舌を前歯の裏に押し付ける癖があると前歯が徐々に開いてきます。
幼少期に指しゃぶりが治らなかったり、常に口が開いている方に多くみられます。

歯間離開は矯正以外にも治療方法はあります。
冠や詰め物で隙間を埋めたり、ブリッジで無い歯を補ったりすることはできますが、健康な歯を削らなくてはなりません。場合によっては神経をとる処置も必要となり、歯の寿命を縮めてしまいます。
矯正治療では歯を削ることなく、健康な歯のまま、歯並びを治すことができます。
もちろん最適な治療方法は、症状によって異なりますので、相談の上、ご自分に合った治療方法を選択してください。

次回は、でっ歯(上顎前突)についてご説明いたします。

無料個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。

ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

個別相談

インターネット予約

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4-14-3
リゾートトラスト御堂筋ビル10F(旧住友生命御堂筋ビル)

治療費「定額制」 12回分割まで無利息

このページの先頭に戻る