治療費

当院は治療費定額制です

費用の一部をご紹介

クレジットカード対応/デンタルローン対応/相談

当院ではトータルフィーシステム(治療費定額制度)を採用しています

トータルフィーシステム(治療費定額制度)とは

当院ではトータルフィーシステムを採用しています。トータルフィーとは通常の矯正治療では別途発生する費用(調整料、追加費用、保定料)を料金の中に含めたものです。つまり、治療開始前にご提案した費用以外に基本的には別途費用は発生しません。

当院が採用する理由

以前までは、治療期間や来院回数が増えるために費用がかさんでいました。それを解消するため、当院ではこのシステムを採用しています。

患者さまへのメリット

従来法だと、最終的に費用がいくらになるの?と患者さんは不安になってしまいます。トータルフィーでは最初の段階で「総額」が分かりますので安心です。

トータルフィーシステムと従来の料金加算制度との比較

  トータルフィーの一例 月ぎめ調節料がかかる場合
月ごとの調節料を¥5,000として算出
矯正治療費 ¥800,000 ¥800,000+α
調整料 ¥0
※治療期間が長引いても追加料金は発生しません。
¥120,000(¥5,000×24カ月)+α
※治療期間が長引くと負担金額がさらに増えます。
保定管理料 ¥0 ¥40,000(¥5,000×8カ月)+α
合計 ¥800,000 ¥960,000+α

矯正治療前にかかる費用 ※税別

実際の歯科矯正治療を行う前にかかる費用は下記の通りとなっております。
初診料もこの中に含まれております。

  内容 費用
初診相談料
  • 初診ならびに矯正相談、口腔内を診査し、矯正相談をお受けします。
  • 矯正相談
    • 歯並びや口元に関するお悩みをお聞きします。
    • 患者さまの口腔内の状態について簡易的なご説明をします。
  • 治療方法・期間・費用の説明
    • 一般的な治療方法について簡単にご説明します
    • 治療にかかる期間や費用についてご説明します
  • その他
無料
精密診断・確定診断
  • ■ レントゲン撮影
  • ■ 歯型模型
  • ■ 口腔内撮影
  • ■ 顎関節の検査
  • ■ 虫歯・歯周病検査
  • ■ その他

上記検査をもとに具体的な治療法、治療期間、治療費を説明します。納得いただいた後に治療計画を作成します。

30,000円

お子様の矯正(小児矯正)の費用(第一期治療) ※税別

お子様の治療費に関しては下記になっています。

388,000円

※再診料や治療後の保定(30カ月分)の費用を含めた費用になります。
※第一期から第二期へ移行する場合は、差額を頂戴することになります。
※抜歯が必要になる場合は、小臼歯(1歯):5,000円、大臼歯(1歯):7,000円がかかります。

大人の矯正費用(第二期) ※税別

  内容 費用
上下「表側」
上顎・下顎の歯の表側に矯正装置を付けます。 メタルブラケット:
548,000円
クリアブラケット:
638,000円
デーモンクリア:
718,000円
上「舌側」・
下「表側」
上顎は舌側に装置をつけ、下顎の歯には表側の矯正装置を付けます。
※詳細は誰にも気づかれにくい矯正治療をご参照ください。
928,000円
上下「舌側」
上顎・下顎の両方に舌側の矯正装置を付けます。
※詳細は誰にも気づかれにくい矯正治療をご参照ください。
1,118,000円
マウスピース型カスタムメイド矯正装置
透明で取り外しできるマウスピース型カスタムメイド矯正装置です。
※詳細は誰にも気づかれにくい矯正治療をご参照ください。
片顎:548,000円
両顎:748,000円

※完成物薬機法対象外(薬機法未承認)の矯正歯科装置(医薬品)であり、承認医薬品を対象とする医薬品副作用被害急雨祭対象制度の対象外となる場合があります。

その他、ケースによっては必要となる費用は下記になります。

  内容 費用
部分矯正 気になる歯を部分的に整える方法です。適応できるケースは限定的です。 148,000円
便宜抜歯 抜歯が必要なケースに行う抜歯です。 小臼歯(1歯):
5,000円
大臼歯(1歯):
7,000円
歯科矯正用アンカースクリュー
歯科矯正用アンカースクリューを顎に埋入し固定源とします。 28,000円(1本)

※再初診料や保定料(30か月分)は治療費に含まれていますので、別途発生しません。
※歯科矯正用アンカースクリューが脱落・破折した場合でも別途費用は発生せず対応します。

デンタルローン・各種クレジットカードのお取扱いについて

下記のデンタルローン、各種クレジットカードにも対応しております。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • ダイナースクラブカード
  • アメリカン・エキスプレス

医療費控除のご案内

医療費控除とは

「医療費控除」とは、支払った医療費に応じて、所得控除が受けられるものです。控除額に応じて所得税及び住民税が還付・軽減されます。よく矯正治療も対象になりますかと相談を受けますが、矯正治療も対象となります。

歯科矯正に関する医療費控除の対象

「適応対象」

  • 払った治療費
  • 交通費等の通院費
  • 治療に必要とされる医療品の購入費

「適応外」

  • 歯ブラシや歯磨き粉など(歯周病治療に必要な場合は適用対象)
  • 通院するために必要とした車のガソリン代

医療費控除を受けるポイントと用意するもの

  • 1年間の医療費が10万円以上の場合に還付・軽減の対象となります。
  • ご本人の医療費以外にも家計が同じであれば、配偶者や親族の医療費を合算できます。
  • その年の1月1日~12月31日までに支払った医療費であること。
  • 確定申告時に医療費の支払いを証する領収書が必要となります。

デンタルローンでお支払いの場合

デンタルローンをご利用いただいた場合でも医療費控除の適用があります。信販会社が立替えた金額は、立て替えた年の医療費控除の対象になりますが、金利・手数料相当分は医療費控除の対象となりません。

医療費控除の際の注意点

  • 医療費控除は、美容や健康維持のための治療は対象外となります。
  • 「医療費控除」は治療費が返還されるものではなく、所得控除の扱いとなります。
  • 所得税が非課税の場合は、医療費控除額がある場合でも還付金は0円となります。
  • 医療費控除額の限度額は200万円です。

医療費控除と所得の関係

所得税率が高いほど控除額は高くなります。以下の表をご覧ください。

課税所得別に見た医療費控除の還付金の一例

表の見方

表の見方を説明します。
右図にあるように、年収700万の人が1年間に50万円の医療費を使った場合、還付金は12万円になります。つまり、50万円-12万円=38万円が実質の医療費となります。

詳しくは、国税庁のホームページを参照してください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。

ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

0120-118-378

WEB予約、個別相談はこちら

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4-14-3 リゾートトラスト御堂筋ビル10F(旧住友生命御堂筋ビル)

Information

大阪府大阪市北区西天満の歯列矯正歯科「H&S矯正・審美歯科」。舌側矯正・部分矯正・治療費定額制

地図

Googleマップはこちら

このページの先頭に戻る