受け口でお悩みの方へ

受け口でお悩みの方へ、
受け口の原因や主な治療方法などについて
ご説明いたします。
受け口になるかどうかは、
前歯の永久歯が生えた段階で
決まると言われています。
予防治療は歯が生えそろう前の
お子様ならではの治療ですが、
受け口の原因を探ることで
大人になってからの改善も期待できます。
当クリニックでは、カウンセリングをもとに
患者様の現状に合わせた治療方法を
ご提案いたします。

受け口とは

受け口とは、下顎の歯が上顎の歯よりも前に出ている状態のことを指します。歯科の専門用語では、「反対咬合」「下顎前突」と呼ばれる歯並びです。症状によっては、下顎が突き出して見える「しゃくれ」の原因となることもあります。日本人のおよそ3%が受け口にあたるとされ、受け口とまではいかずとも、それに類似する症状は多くの日本人に見受けられます。受け口は咀嚼や滑舌の不自由さ、お顔の印象など様々なお悩みの原因でもありますが、歯列矯正による改善が見込めますので、まずはご相談ください。

受け口の原因

遺伝

上顎よりも大きな下顎は、受け口の代表的な原因の一つです。骨格は遺伝によるものが大きく、顎もまた例外ではありません。両親・親族からの遺伝もそうですが、もともと日本人は下顎の大きい傾向にあります。顎の成長具合は、乳歯が生えそろう頃から確認できるようになります。お子様の永久歯が生え始める時期になって、上顎に対して下顎が過度に成長しているようであれば、お早めにご相談ください。

後天的な癖

① 指吸い

指を吸う・咥える癖は、歯並びにあらゆる悪影響を与えます。特に、指を下向きにお口に含む動作は、受け口の原因となることがあります。乳幼児期の指吸いは成長段階の自然なものですが、3歳以降も続くようであれば、お子様に無理のない改善が望まれます。

② 舌の癖

本来舌は、上顎にピッタリとくっついている状態が正しいとされます。口呼吸などにより舌が下顎に落ちていると、上顎の成長が不十分になることがあります。また、下顎の前歯を押すような動きを繰り返していると、歯が外側に押され、上下の前歯の噛み合わせが逆転した受け口になることがあります。

受け口の成り立ち

歯の生え方による受け口

下顎の歯が外側に、上顎の歯が内側に向いて生えた状態です。上下の歯が本来と逆の重なり方をしたことで、下顎が前方に飛び出た噛み合わせとなっています。「歯槽性反対咬合」と呼ばれ、骨格ではなく歯の生え方そのものが原因の症状です。

骨の大きさによる受け口

下顎が上顎よりも大きいことで、下顎ごと前歯が前方に出ている状態です。正式には「骨格性反対咬合」と呼ばれています。顎の骨は身長とともに大きくなるため、成長が止まってからの治療が一般的です。この場合、外科手術による処置も視野に入ります。しかし、3歳~10歳頃のお子様であれば、手術なしで顎のバランスを整える治療が可能です。

咀嚼機能による受け口

奥歯の噛み合わせが悪く、下顎を前方にずらしてして咀嚼しようとした結果、下顎の前歯が飛び出る状態を指します。前歯のわずかなズレが原因のこの症状は、「機能性反対咬合」と呼ばれます。咀嚼時以外は受け口に見えませんが、放置すると骨格性反対咬合に移行してしまうことがあります。

受け口のデメリット

お顔の印象に影響することがある

「しゃくれ」とは、下顎の骨が上顎よりも前に出ている状態を表します。対して受け口は、下顎の歯が上顎の歯よりも前に飛び出している状態を指すため、必ずしも受け口=しゃくれとは限りません。しかし、下顎の前歯が飛び出していることで、しゃくれに近い印象となることがあります。

話しづらさを感じやすい

発音時に歯と歯の隙間から空気が漏れてしまうため、不明瞭な滑舌になりやすい傾向にあります。また、上下の唇をくっつけて発音するマ行やパ行といった音に、苦手意識を感じることもあります。

お口を閉じにくいことがある

受け口は上下の噛み合わせにズレがあるため、お口を閉じにくい傾向にあります。口腔内が乾きやすくなるほか、咀嚼や発音の際のコンプレックスにもつながります。特に歯の隙間から息を通して発音するサ行やタ行、英語の発音が難しく、舌足らずな発音にお悩みになる方もいらっしゃいます。

将来的に歯を痛めてしまうことがある

本来と逆転した噛み合わせは、下顎の歯に少しずつ負荷を与えます。結果として、将来的な歯のぐらつきや喪失につながる恐れがあります。

治療症例

Before

治療前 治療前 治療前

After

治療後 治療後 治療後

主訴 受け口
診断名 反対咬合
年齢 20代
性別 女性
治療内容 クリアブラケット使用
動的治療期間 2年
費用 701,800円
リスクと副作用 ・歯痛、歯周病、虫歯、口内炎
・発音障害、開口障害、顎関節の不調
・歯肉退縮、歯根吸収
・歯髄炎

その他のお悩み・症状

よくある質問

出っ歯や歯科矯正治療についてのよくあるご質問は、こちらをご参照ください。

→歯科矯正治療のQ&Aはこちら

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

0120-118-378

WEB予約、個別相談はこちら

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4-14-3 リゾートトラスト御堂筋ビル10F(旧住友生命御堂筋ビル)

Information

地図

Googleマップはこちら

このページの先頭に戻る