子供の歯並びが気になる

キービジュアル

矯正を始める「適切な時期」があります。
その「適切」な時期を見極め、
「適切」な治療法をご提案いたします。

成長発達を視野に入れた子供の矯正

子どもは大人の小型ではない」。この言葉は、子どもの成熟過程における形態、生理、病理が大人と異なることを意味します。従って、この時期の治療も大人のそれとは性質が違い、成長発達を視野に入れたものになります。

スキャモンの発育曲線

左のグラフは「スキャモンの発育曲線」とよばれ、これによると、人の身体諸属性は大きく4つのパターン(神経型、リンパ型、生殖型、一般型)に分類されます。顎顔面領域では、上顎は神経型、下顎は一般型に近似したパターンを示すとされ、それぞれ成長時期が異なります。「上顎の成長促進が必要だから、頑張って6、7歳で始めようか」、「反対咬合は一応治ったけど下顎の成長は今からグンと来るぞ」といったことを考えながら治療を行います。これが大人の矯正治療ともっとも異なるところなのです。

具体的には、顎発育の促進や抑制、特定の歯の接触による顎誘導の解消、永久歯の萠出余地の確保や回復、吸指癖のような口腔周囲の不良習癖の除去などが行われます。どちらかといえば、歯を整列することよりも、顔の骨格を整え咀嚼器官を育成することがこのステージでの目標です。

第一期治療(5,6歳~11,12歳の時期の子供の治療)が永久歯列の正常咬合をもたらすとはいえませんが、後の第二期治療(12,13歳以降の治療)を易しくしたり、ときには省略できることもあるのです。

ちなみに当院では、口腔衛生を保ちやすくトラブルの少ない下記のような着脱式の矯正装置を多用しております。

床矯正

床矯正

床矯正は、主に入れ歯に似たような装置をネジで巻いて口の中にはめ、顎の大きさを拡大していきます。

幼児でも簡単にとりはずしができ、ワイヤーを利用した装置よりも目立ちにくいです。また非抜歯の可能性が高まる装置でもあります。

FKO(機能的顎矯正装置)

FKO(機能的顎矯正装置)

「かむ」という機能を利用して受け口や出っ歯を改善する装置です。取り外しが可能で、主に夜間・就寝時に装着します。

受け口(反対咬合)という症例を乳歯列期に改善する装置

ムーシールド

取り外しが可能で、主に就寝時装着します。就学前のお子様にも十分使用可能です。

リンガルアーチ(舌側弧線装置)

リンガルアーチ(舌側弧線装置)

歯を外側へ移動させる固定式装置です。左右の奥歯の間隔を拡げることもできます。床装置での改善が難しい場合に使用します。

早期受診をお勧めします

院長

親御さんにとっては、「いつ矯正治療を開始したほうがいいのか?」「そもそも、矯正治療が必要な歯並びなのか?」と考えられていると思います。

考えていても答えは出てきませんので、まずはご相談ください。

相談したからと言って、治療しなければならなくなるわけではありませんのでご安心ください

ただ1つ言えることは、早期に治療開始された方が、多くのメリットがあります。
大人と異なり、子供はまだ発育段階ですので、その成長力を上手に利用することで、歯並びをきれいに整えることができるためです

コラム日々の習慣が歯並びを
悪くすることもあります

歯並びを悪くしてしまう習慣があることはご存じでしょうか?
例えば、「指しゃぶり」「舌で前歯を押す癖がある」などなど。
この行為をすることで歯に一定の力が加わります。
とても小さな力になりますが、これが継続されると歯並びが悪くなってきます。

  • 指しゃぶり
  • 爪を噛む
  • 舌癖

当院では、このような歯並びや顎の発育に影響を与える癖・習慣なども改善させるご提案をしております。

また、下記のような症状がある場合は「歯並びの異常を知らせるサイン」ですので、一度ご相談いただきたいと思います。

  • サイン1 乳歯と乳歯の間に隙間がない
  • サイン2 話し方がおかしい・かつ舌が悪い
  • サイン3 口での呼吸が多い
  • サイン4 顔の左右のバランスが悪い

無料個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。

ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

0120-118-378

WEB予約、無料相談はこちら

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4-14-3 リゾートトラスト御堂筋ビル10F(旧住友生命御堂筋ビル)

Information

大阪府大阪市北区西天満の歯列矯正歯科「H&S矯正・審美歯科」。裏側矯正・部分矯正・治療費定額制

  • 最寄り駅
  • 休診日

地図

Googleマップはこちら

このページの先頭に戻る