出っ歯(上顎前突)でお悩みの方へ

出っ歯でお悩みの方へ、
出っ歯の原因や主な治療方法などについてご説明いたします。
出っ歯は決して珍しい歯並びではありません。
けれど、飛び出た前歯が表情や滑舌に影響し、
長年お悩みになる方も少なくありません。
当クリニックでは、カウンセリングをもとに
患者様の現状に合わせた治療方法をご提案いたします。

出っ歯(上顎前突)とは

「出っ歯」とは、お顔を横から見た時に、上顎や上の前歯が前方に飛び出た状態を指します。歯科用語では「上顎前突」と呼ばれる、日本人に多く見られる歯並びです。代表的なお口のコンプレックスに数えられるほか、口元が盛り上がる「口ゴボ」の原因の一つでもありますが、矯正治療による改善が見込まれます。

出っ歯(上顎前突)の原因

出っ歯になる原因は、遺伝によるものと、口呼吸、爪を噛むなど後天的な癖によるものがあります。

遺伝

生まれ持った骨格は、歯並びに大きく影響します。歯の大きさに対して顎の幅が不足していると、歯が前方に押し出されて出っ歯になることがあります。欧米人と比べて、日本人は上顎の幅が狭い傾向にあり、出っ歯になりやすいとされています。

後天的な癖

① 幼い頃の癖

赤ちゃんはおしゃぶりを吸うとき、舌を前に押し出す動作を繰り返します。乳幼児期の短期間であれば問題ありませんが、長期間おしゃぶりや指しゃぶりのために舌を前歯に押し当て続けると、将来的な歯並びに影響を与えることがあります。物をくわえ続ける動作そのものが前歯を前方に傾けてしまうため、3歳を過ぎても続くようであれば、おしゃぶりを卒業できるよう働きかけてあげてください。 また、成長期の口呼吸は上顎の成長を妨げ、出っ歯の原因となります。口呼吸をする時、舌は本来あるべき位置よりも下がってしまいます。この状態が続くとお口の中にかかる圧力に偏りが生まれ、歯がまっすぐ生え揃うのに必要な幅の顎へ成長するのを妨げてしまいます。

② 日常生活の中の癖

大人にも多く見られる癖が爪噛みです。日頃のストレスなどから無意識にやってしまいがちなこの動作は、上の前歯を少しずつ外側に倒していき、出っ歯の原因となります。

出っ歯(上顎前突)の成り立ち

上の前歯が前方に飛び出している

歯に対して上顎の幅が足りず、前方に前歯が押し出されている状態です。他にも指しゃぶりや噛み癖が原因で、上の前歯が口の外側に、下の前歯が内側に傾斜していることもあります。

上顎が前方に飛び出している

上顎が本来よりも前方に位置するために、顔を横から見た時に口元が前突して見える状態です。同時に上の前歯の前突・傾斜が確認されることもあります。

下顎が後退している

上顎に比べて下顎が後退しているため、上の前歯が飛び出して見える状態です。また、下顎の骨が小さく、噛み合わせが本来よりも深くなることで、上の前歯が前方に飛び出てしまうこともあります。

出っ歯(上顎前突)のデメリット

口内環境が悪くなりやすい

前歯が飛び出ているために口を閉じづらく、無意識に開いてしまいがちです。そのため口が乾きやすく、細菌の繁殖しやすい口内環境となります。歯並びのガタツキによる磨きにくさもあり、虫歯や歯周病、口臭のリスクが高まります。

話しづらさを感じやすい

発音時に歯と歯の隙間から空気が漏れてしまうため、不明瞭な滑舌になりやすい傾向にあります。また、上下の唇をくっつけて発音するマ行やパ行といった音に、苦手意識を感じることもあります。

前歯の損傷につながりやすい

スポーツ中の人やボールとの接触、転倒時などに前歯を欠損しやすく注意が必要です。

放置すると悪化する恐れがある

加齢や、無意識に咀嚼しやすい奥歯を重点的に使い続けたりすることで、口の中のバランスがさらに崩れて前歯の傾斜が進行していく「フレアーアウト」を起こす可能性が高まります。

出っ歯(上顎前突)の治療方法

永久歯列期の治療方法

マルチブラケット装置

歯に取り付けた「ブラケット」という装置に矯正用のワイヤーを通して、押し出された前歯を後方に移動させます。お口全体の噛み合わせにズレが見られたり、前歯のガタツキが大きい重度の出っ歯や仕上がりのご希望によっては、抜歯を行い前歯を綺麗に収めるためのスペースを作ることがあります。噛み合わせに問題のない軽度の出っ歯であれば、非抜歯や、部分的なマルチブラケット装置での矯正治療が可能な場合もあります。しかしながら、出っ歯の改善や仕上がりの美しさといった点では、抜歯を伴う全体矯正の方が効果を期待できます。 また、当院はアンカースクリューと呼ばれる矯正用の小さなネジを併用した治療にも対応しております。口腔内の骨に直接稙立したアンカースクリューが、前歯の移動に不可欠な固定源(アンカー)となるため、従来よりも効率的な治療が見込めます。 患者様の現状とご希望を加味した治療を行いますので、まずはご相談ください。

→マルチブラケット装置についてはこちら

マウスピース型カスタムメイド矯正装置

軽度の出っ歯であれば、マウスピース型カスタムメイド矯正装置での治療が可能です。患者様ご自身で着脱できる、マウスピース型の矯正装置で少しずつ前歯を後退させます。しかしながら、一般的にマウスピースを使った矯正治療は、抜歯の必要がない軽度の症例向きの治療とされています。出っ歯の治療は多くの場合、飛び出た前歯を後退・整列させるスペースを作るための抜歯が必要になります。マウスピースでの治療が可能かどうかは、患者様のお口の状態を拝見した上でお伝えいたしますので、まずはご相談ください。

→マウスピース型カスタムメイド矯正装置についてはこちら

混合歯列期(お子様)の治療方法

小児矯正

小児矯正は、出っ歯の悪化を予防したり、大人になってから非抜歯の矯正治療を行いやすくする治療です。歯を積極的に移動させる大人の矯正治療とは異なり、前歯がきれいに収まる骨格へと成長するよう働きかける補助的な治療を行います。上下の顎の成長バランスを整えるお子様用の矯正装置の使用や、指しゃぶりの改善など、お子様の成長段階に合わせてご提案いたします。大人の出っ歯の治療には、抜歯や外科手術が必要となることもあります。健康な歯を損なわない口元の改善は、顎が成長しきる前のお子様だからこそ選べる選択肢です。

→小児矯正についてはこちら

よくある質問

出っ歯や歯科矯正治療についてのよくあるご質問は、こちらをご参照ください。

→歯科矯正治療のQ&Aはこちら

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

0120-118-378

WEB予約、個別相談はこちら

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4-14-3 リゾートトラスト御堂筋ビル10F(旧住友生命御堂筋ビル)

Information

地図

Googleマップはこちら

このページの先頭に戻る