八重歯でお悩みの方へ

八重歯でお悩みの方へ、
八重歯の原因や主な治療方法などについて
ご説明いたします。
「歯のガタツキが気になって
つい口元を隠してしまう。」
「歯が唇に引っ掛かりやすい。」
こんな心当たりがある方は、ぜひご相談ください。
当クリニックでは、カウンセリングをもとに
患者様の現状に合わせた治療方法を
ご提案いたします。

八重歯とは

「八重歯」とは、歯と歯が重なって生えている状態の俗称です。歯科の専門用語では、「叢生(そうせい)」や「乱杭(らいぐい)歯」と呼ばれます。八重歯と聞くと、ポコッと飛び出た上顎の犬歯を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。このような八重歯は、正式には「上顎犬歯の低位唇側転位」と呼ばれます。日本ではチャームポイントとして「かわいい」という印象を持つ人も少なくありませんが、あらゆるお口トラブルの原因となることを忘れてはなりません。また海外では、吸血鬼などを連想する、マイナスのイメージが強い歯並びでもあります。歯列矯正での改善が見込める歯並びですので、お悩みの方はぜひご相談ください。

八重歯の原因

八重歯など、「叢生」と呼ばれるでこぼこした歯並びの代表的な原因は、歯に対して顎が小さいことです。昔と比べて、やわらかいものを口にすることが多い現代人は、遺伝・生活習慣の両面から顎が小さくなっています。また、稀ではありますが、本来よりも多く歯が生えてくる「過剰歯」によって顎のスペースが圧迫されることもあります。そうした要因から歯と顎のバランスが崩れると、歯と歯が重なったり、歯列を大きく外れて生えてきてしまうことがあります。

八重歯の成り立ち

犬歯が飛び出ている

上述した、「犬歯の唇側転位」と呼ばれる代表的な八重歯です。犬歯は比較的後半に生え変わる歯です。犬歯の永久歯が生え始める頃には、他の永久歯で顎の大部分が占められています。小さな顎のわずかなスペースに無理やり生えようとした犬歯は、歯列から大きく外側に飛び出してしまい、八重歯になることがあります。

前歯と前歯が重なっている

重なって生えた前歯は、正式には「前歯の唇側転位」と表します。犬歯の八重歯と同様に、顎のスペースの不足が主な原因です。前歯が重なったり、歯列から大きく外れて飛び出している状態を、「出っ歯」としてお悩みになる方も少なくありません。

八重歯のデメリット

歯ブラシが届きにくい

八重歯は歯と歯が重なって生えているため、歯ブラシを左右に動かすだけでは十分に汚れを落とすことができません。磨き残しが増えると、虫歯や歯周病のリスクも高まります。重なった歯の形に合わせて歯ブラシの向きを変える、部分磨きに特化したワンタフトブラシを使用するなど、毎日の配慮が欠かせません。

口内炎ができやすい

犬歯は糸切り歯とも呼ばれる、先の尖った歯です。他の歯と比べて大きく外側に飛び出した犬歯の八重歯は、口腔内を傷つけやすく、口内炎の原因の一つとなります。

他の歯を損傷しやすくなる

歯列から大きく外れた重度の八重歯は、上下でかみ合わずに浮いた状態になります。特に犬歯がかみ合っていない場合、長い時間をかけて少しずつ奥歯に負荷がかかり、将来的な摩耗やひび割れといった損傷につながる可能性があります。

治療症例

Before

治療前 治療前 治療前

After

治療後 治療後 治療後

主訴 前歯の不揃い
診断名 叢生
年齢 30代
性別 女性
治療内容 クリアブラケット使用
上下両側第一小臼歯抜歯
動的治療期間 2年6ヵ月
費用 701,800円(別途、抜歯費用@5,500円×4本)
リスクと副作用 ・歯痛、歯周病、虫歯、口内炎
・発音障害、開口障害、顎関節の不調
・歯肉退縮、歯根吸収
・歯髄炎

その他のお悩み・症状

よくある質問

出っ歯や歯科矯正治療についてのよくあるご質問は、こちらをご参照ください。

→歯科矯正治療のQ&Aはこちら

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

0120-118-378

WEB予約、個別相談はこちら

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4-14-3 リゾートトラスト御堂筋ビル10F(旧住友生命御堂筋ビル)

Information

地図

Googleマップはこちら

このページの先頭に戻る