キービジュアル

矯正装置装着後のブラッシング / 大江橋 歯列矯正歯科

2017年04月4日

ブラケット装置は一度装着すると原則、歯の移動が完了するまで取り外すことはありません。
ひとつひとつの歯にブラケットがついていて一本のワイヤーで歯を繋げているので、食べ物がはさまりやすくなります。
歯ブラシもあてにくくなるので清掃状態も悪くなり、虫歯や歯周病のリスクも高くなります。
当院ではブラケットを装着した日に歯ブラシ指導も行っております。
装置装着後は凹凸が多くなり従来の歯ブラシでは細かい汚れがとれません。
ブラケット周りの汚れは山型になっている矯正専用の歯ブラシを使用します。
ワイヤー下の汚れは狭いのでワンタフトブラシ(部分用ブラシ)で汚れを落とします。
歯の移動中は隙間ができやすいので歯間ブラシで歯と歯の間の汚れをおとします。
それぞれの清掃道具の使い方は実際に磨きながらご説明いたします。
また、定期的な歯科でのクリーニングもおすすめします。歯石や着色など蓄積した汚れは歯ブラシでは落としきれません。

歯並びは綺麗になったのに装置を外したら虫歯ができていた…なんてことのないよう、口腔ケアもしっかりしていきましょう。

↓ ↓ インターブレイス ↓ ↓

↓ ↓ タフトブラシ ↓ ↓

↓ ↓ 歯間ブラシ ↓ ↓

次回は、抜歯矯正に関するご説明を致します。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

0120-118-378

WEB予約、個別相談はこちら

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4-14-3 リゾートトラスト御堂筋ビル10F(旧住友生命御堂筋ビル)

Information

大阪府大阪市北区西天満の歯列矯正歯科「H&S矯正・審美歯科」。舌側矯正・部分矯正・治療費定額制

地図

Googleマップはこちら

このページの先頭に戻る