キービジュアル

卑弥呼の歯がいーぜ

2018年07月2日

80歳になっても20本以上自分の歯を保とうという8020(ハチマルニイマル)運動をさらに促進させるため「ひみこのはがいーぜ」という標語ができました(日本咀嚼学会)。噛むことの大切さを広く認知させるため咀嚼回数の多かった弥生時代の卑弥呼にかけた標語です。

ひ・・肥満を防ぐ
み・・味覚の発達
こ・・言葉の発音をはっきり
の・・脳の発達
は・・歯の病気を防ぐ
が・・がんを防ぐ
い・・胃腸の働きを促進する
ぜ・・全身の体力向上

卑弥呼の時代の食事は玄米のおこわや乾燥した木の実、干物など硬くて噛み応えのある食材で構成されていました。その為、当時の一回の食事で噛む回数は3990回、現代人の約6倍と言われています。噛む事は健康への第一歩です。
虫歯や歯周病で歯を失わないように、また失った歯をそのままにしていたり入れ歯が合わなくなっていたらそのままにしておかずに、ぜひご相談ください。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

0120-118-378

WEB予約、個別相談はこちら

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4-14-3 リゾートトラスト御堂筋ビル10F(旧住友生命御堂筋ビル)

Information

大阪府大阪市北区西天満の歯列矯正歯科「H&S矯正・審美歯科」。舌側矯正・部分矯正・治療費定額制

地図

Googleマップはこちら

このページの先頭に戻る