キービジュアル

叢生・八重歯・乱杭歯(らんぐいば) / 北新地 歯列矯正歯科

2017年01月27日

叢生(そうせい)とは、顎のスペースが足りない、もしくは歯が大きいために重なり合ったり捻れたりして、全体的に歯並びがデコボコと乱れた状態のことです。
乱杭歯(らんぐいば)とも言います。犬歯が飛び出た状態の八重歯も叢生の一種です。

  ←叢生・八重歯・乱杭歯(らんぐいば)

実は八重歯は犬歯と呼ばれる歯で、歯の中でも最も長く、噛み合わせにはとても重要な歯なのです。
この犬歯が八重歯という状態で噛み合わせに参加できないと、ほかの歯に負担がかかり、将来歯を失う可能性が高くなるのです
また、八重歯や歯並びがデコボコしていると、歯ブラシがうまく行き届かず、歯磨きが困難なために、むし歯や歯周病になりやすい状態になってしまいます。
もし八重歯やデコボコの歯並びを気にされているのでしたら、歯が健康なうちに矯正治療されることをお勧めします。
まずは、無料矯正初診相談を受けてみてはいかがでしょうか?
矯正治療を始められるかどうかについては、相談後によく考え、納得されてから開始されれば良いわけですから、お気軽に無料初診相談にお越しください。

ご相談にいらしていただくことで、お悩みが解決できるかもしれませんね。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

0120-118-378

WEB予約、個別相談はこちら

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4-14-3 リゾートトラスト御堂筋ビル10F(旧住友生命御堂筋ビル)

Information

大阪府大阪市北区西天満の歯列矯正歯科「H&S矯正・審美歯科」。舌側矯正・部分矯正・治療費定額制

地図

Googleマップはこちら

このページの先頭に戻る