キービジュアル

顎変形症について~外科手術を含む治療の流れ|表側矯正・裏側矯正・マウスピース矯正|大阪・梅田

2021年02月12日

こんにちは。吉田です☺

今日は、顎変形症(がくへんけいしょう)について説明したいと思います。

顎変形症とは、骨格的な問題により、あごの形や位置が、前後、左右、上下に大きくずれている状態のことです。
具体的には、下のあごが上のあごより大きく突出している下顎前突症(受け口、反対咬合)、上のあごが下のあごより大きく突出している上顎前突症(出っ歯)、前歯が大きくかみ合っていない開咬症など、上下の顎の骨のバランスが大きく崩れているかみ合わせのことです。




かみ合わせの異常によって、食事などに問題が生じたり、話しづらいなどの機能異常があらわれます。
歯はあごの中にあるので、矯正治療で歯を動かすことができるのは、あごの中だけの範囲なのです。あごの範囲を超えて歯を並べることはできません。
このように顎変形症と診断された場合、通常の歯列矯正とは別に、外科手術を含めて治療していかなければ、審美的にも、また機能的にも十分な結果を得るのには限界があります。
ここからは、顎変形症の治療の流れを説明します。

 

~術前矯正治療~
まずは当クリニックで、外科手術で上下の顎を移動させたときに、正常な噛み合わせが得られるように歯並びを整えます。
期間はだいたい1~2年です。

~顎矯正手術~
顎矯正手術は、当クリニックからご紹介させていただく口腔外科で手術を行います。
外科手術では、あごの骨を延長したり、縮小したりします。全身麻酔で行い、入院期間は約2週間です。
術後は上下の歯をしっかりとゴムで固定し、数日は全く口が開かない状態になります。その後、ゴムを緩めて徐々に口を開ける訓練を開始していきます。食事は流動食から半固形食へと形態を変化させていきます。その後、術後のリハビリを十分に行って食事が食べられる状態になったら退院となります。
退院後も何度か口腔外科に受診していただき、経過観察を継続します。
術後1ヶ月~2ヶ月ごろから術後矯正へ移行します。

~術後矯正治療~
術後矯正治療は当クリニックで治療を再開します。
期間は平均1年程度です。外科手術で得られたかみ合わせを微調整して、仕上げていきます。

~保定期間~
矯正装置を除去した後、後戻りを防ぐために保定装置を装着していただきます。
その結果、歯列矯正だけでは実現できなかった、審美的にも、機能的にも満足できる結果を得ることが可能です。

 

外科手術をともなう矯正治療は健康保険の適用となります。
自己負担額はだいたい30万~40万円です。
食べ物がうまく噛めない、発音しにくい、顎がゆがんでいる、噛み合わせが安定しない、などの症状をお持ちの方はお気軽にご相談ください。
当クリニックでは、経験豊富な歯科医師が初診カウンセリングから、診断、治療を行っております。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

0120-118-378

WEB予約、個別相談はこちら

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4-14-3 リゾートトラスト御堂筋ビル10F(旧住友生命御堂筋ビル)

Information

大阪府大阪市北区西天満の歯列矯正歯科「H&S矯正・審美歯科」。舌側矯正・部分矯正・治療費定額制

地図

Googleマップはこちら

このページの先頭に戻る