医院ブログ|定額制(安価・格安)の見えない歯列矯正歯科は大阪・梅田の「H&S矯正・審美歯科」

キービジュアル

部分矯正 / 大阪市 歯列矯正歯科

2017年07月5日

「見えるところだけを綺麗にしたい」と部分矯正を希望して来院される方が多くいらっしゃいます。
全体の矯正に比べ費用も安く治療期間も短いのが部分矯正のメリットです。
部分矯正は一度矯正をしたけれど後戻りをしてしまった方や、歯並びのずれが局所的な方におすすめです。

デメリットとして一番大きいのが噛み合わせの改善をすることが出来ないことです。
矯正治療には噛み合わせの改善も大きな目的となりますので、全体の矯正が必要となるケースも多くあります。
また、全体の矯正と比べて見た目の改善も劣ります。
やはり全体の矯正の方が噛み合わせに加えて全体のバランスを整えることができるため見た目もきれいになります。

そのため部分矯正を希望されている方にも全体の矯正のご説明もさせていただく場合があります。
期間やどこまできれいにしたいかなど、しっかり相談して決めていきましょう。

無料初診相談のお申し込みはこちら↓ ↓ ↓

お問い合わせ

デーモンシステム(デーモンクリアブラケット) / 淀屋橋 歯列矯正歯科

2017年06月21日

デーモンシステムは、治療期間の短縮や通院回数を減らす事が出来る等、数多くのメリットがあるシステムです。

デーモンシステムの最大の特徴である摩擦抵抗の少なさ(歯の動きが早い)に加えて、歯の色に近いセラミックを使用した審美性の高い装置です。装置も小さく目立ちません。

従来の矯正装置は、歯につける装置とワイヤーをゴムや結紮線(ワイヤーを縛り付ける細い針金)でとめていましたが、そうすることで装置とワイヤーの間に大きな摩擦が生じていました。このことが歯の動きのさまたげになっていましたが、デーモンシステムでは開閉式のふたを使用することで、この摩擦力を従来の600分の1に軽減されました。
より弱い力で歯を効率的に移動させることが可能となり、早く治療が終了します。

長期間にわたって持続的な矯正力と効果を発揮しますので、従来の装置に比べて通院の間隔がいくぶん長くなっています。ただし、早めに来院して頂いた方が治療の短縮につながる場合や、治療の段階によって来院頻度が異なる場合もあります。そのような場合においても、他の装置より来院頻度が多くなるようなことはありません。

清掃面に関しても以前の装置ではワイヤーをブラケットにとめるために使用していたゴムの周囲が不潔になりやすく、清掃性が悪かったですが、デーモンシステムでは、ゴムが不要になり、とても清掃しやすくなっています。歯垢は、虫歯や歯周病、口臭の原因になりますので、お手入れのしやすさが何よりです。

デメリットとしては、構造が若干複雑なため、従来のブラケットと比べ厚みがあります。
そのため、慣れない内は、違和感や不快感を感じたり、口内炎になることもあります。
個人差によりますが装置の違和感は、1週間ほどでで徐々に慣れてきます。口内炎予防として、緩衝材効果のあるワックスなどもあります。

無料初診相談のお申し込みはこちら↓ ↓ ↓

お問い合わせ

矯正中のトラブル② / 大阪市 歯列矯正歯科

2017年05月31日

・ワイヤーが折れた
  新しくワイヤーを付け直す必要があります。すぐにご連絡ください。
  刺さって痛い部分がある場合はニッパーなどで刺さる部分を切ってください。
  無理にワイヤーを外そうとするのはやめましょう。

・ワイヤーがはずれた 
  奥歯のブラケット(チューブタイプ)からワイヤーが外れる場合があります。
  特に矯正開始時は細くて柔らかいワイヤーを使用しているため動きやすく外れやすいです。
  ご自身で鏡を見て戻せる場合はそのまま戻しましょう。
  無理な場合、また外れたワイヤーが刺さって痛い場合はご連絡ください。

固いものを思い切り噛むとその力で装置が壊れたり外れたりしやすいです。
また粘着性のあるものも脱離の原因となります。
固いせんべいなどはわってたべる、ハイチュウやキャラメルは極力避けるなど注意しましょう。

無料初診相談のお申し込みはこちら↓ ↓ ↓

お問い合わせ

矯正中のトラブル① / 北新地 歯列矯正歯科

2017年05月24日

※ブラケットがはずれた
ブラケットは治療中は歯にしっかりとくっついていなくてはなりませんが最終的には外してしまいます。
ある程度の外れやすさも必要となりますので強力な接着剤を使用するわけにもいきません。
そのため、大きな力が加わるとブラケットがはずれてしまうことがあります。
歯が動いて噛み合わせが変わることで、噛むとあたるようになったり、固いものを思い切り噛んでしまったり、歯の位置が大きくずれている歯などは外れやすかったりします。外れてしまったら付け直しをします。
外れてしまって申し訳なさそうに来院される方もいらっしゃいますが、気にせずご連絡ください。

リンガル(裏側矯正)をされている方は専用のブラケットをお作りしていますので、外れたブラケットもお持ちください。
無くしてしまった場合は再製致しますのですぐには再着できない場合がございます。

※ワイヤーが突き出てきた
ワイヤーが出てきても歯が順調に動いている証拠ですので心配はいりません。歯が動いたことにより、奥からワイヤーが飛び出してきます。
頬に刺さるほど飛び出してくる場合も多く、頬を傷つけてしまいます。飛び出た部分を切りますので、我慢されずお早めにご連絡ください。
飛び出た部分が小さい場合はワックスで保護をすると痛みは楽になります。
どうしても来院が難しく痛みが我慢できない場合は、ご自身でニッパーなどで飛び出た部分をお切りください。

無料初診相談のお申し込みはこちら↓ ↓ ↓

お問い合わせ

インプラント矯正 / 大阪市 歯列矯正歯科

2017年05月17日

インプラントというと失った歯の代わりに新しい歯として使われる人工歯根(デンタルインプラント)が一般的ですが、矯正でもインプラントを使用します。
デンタルインプラントに比べて小さいアンカースクリューというネジを顎の骨に埋め込みます。
矯正中のみの一時的な使用で簡単に装着できます。小さいネジなので痛みも少なく、施術時間も15分ほどですみます。

従来のブラケット矯正では歯をワイヤーで繋げることにより歯と歯が引っ張り合う力を利用して歯を動かします。
それぞれの歯が支点となって動くため力が不安定になることもあります。
矯正用インプラントを装着すると固定源ができますので効率よく歯を動かすことが出来ます。

歯と歯が引っ張り合う移動様式では奥歯を後ろに動かすことが出来ません。そのため奥歯の位置を基準に歯を並べていました。スペースが足りない場合は抜歯が必要となります。インプラントを固定源にすることにより奥歯の後ろへの移動が可能となり、スペースを作ることよって抜歯しなくてもよくなる場合があります。
引っ張り合うだけでは難しかった歯の移動が可能となり、動かしたい歯だけ動かせるようになるため治療期間の短縮にもなります。

トラブルも少なく使用できるインプラントですが、清掃状態が悪いと腫れや痛みの原因となります。
装着時には清掃方法もお話しさせていただきます。

無料初診相談のお申し込みはこちら↓ ↓ ↓

お問い合わせ

非抜歯矯正 / 梅田 歯列矯正歯科

2017年04月19日

非抜歯矯正をするためにはいくつかの手法を行う場合があります。

【ディスキング】
歯の側面を削り隙間を作ります。削るといっても0.1~0.2㎜程でエナメル質の範囲内です。
エナメル質とは歯の表面にあり、人間の体の中で最も固い部分です。
痛みもありませんし再石灰化といって歯が強くなる性質があるので削ることで虫歯になるということはありません。
歯のずれが小さい場合やできるだけ抜歯を避けたい方に相談のうえ行います。

【拡大矯正装置】
子供のうちに顎を大きくしておく方法です。
永久歯の交換期の時点で顎が小さく歯並びにずれが見られる場合又は予想される場合にこの装置を使用し、顎の成長を促すことで、永久歯が生え揃った時に矯正が必要なくなったり抜歯しなくても矯正が可能になったりします。

【奥歯の位置をずらす】
矯正治療では奥歯の位置を基準として歯を動かすことがほとんどです。
今日では矯正用インプラントで歯を大きく移動できるようになりました。
奥歯を後ろに移動させることによってスペースを作り歯列を整えます。

抜歯適応の歯列でも非抜歯矯正を望まれる方にはできるだけお応えできるよう、治療計画を立てさせていただきますが、どうしても抜歯が必要な場合もございます。
その場合は治療開始する前にしっかりと話合いをし、無理に治療を進めることはありません。
気兼ねなくご相談ください。

無料初診相談のお申し込みはこちら↓ ↓ ↓

お問い合わせ

矯正抜歯 / 大阪市 歯列矯正歯科

2017年04月12日

矯正では歯を抜いて治療を行う場合があります。
日本人の不正歯列では歯の大きさに対してあごが小さいケースが多くみられます。
永久歯は全部で28本(親知らずを含めると32本)ありますが、顎が小さいと歯が綺麗に並ぶスペースがありません。
椅子取りゲームのように小さい歯列に入りきらなくなった永久歯は歯列からはみ出て生えてきます。
この場合、歯を抜かないとスペースが確保できず歯をきれいに並べることができません。
抜歯をせずに無理やり歯を並べようとすると全体的に歯が前にでたようになってしまったり、噛み合わせが悪くなってしまったりと新たな不正咬合を生む可能性があります。

歯にはそれぞれ大切な役割があります。矯正抜歯では4番目の歯を抜くことが多く、これは4番目と5番目の歯の役割が同じためです。また、見た目の影響もありません。

当院では無料カウンセリング時か診断後の説明時に抜歯が必要な方には、その旨を説明をさせていただいております。
いきなり抜歯したり、説明なく治療を始めることもありません。
非抜歯矯正が可能な場合も、もちろんあります。
抜歯に抵抗がある方も、気兼ねなくご相談ください。

無料初診相談のお申し込みはこちら↓ ↓ ↓

お問い合わせ

矯正装置装着後のブラッシング / 大江橋 歯列矯正歯科

2017年04月4日

ブラケット装置は一度装着すると原則、歯の移動が完了するまで取り外すことはありません。
ひとつひとつの歯にブラケットがついていて一本のワイヤーで歯を繋げているので、食べ物がはさまりやすくなります。
歯ブラシもあてにくくなるので清掃状態も悪くなり、虫歯や歯周病のリスクも高くなります。
当院ではブラケットを装着した日に歯ブラシ指導も行っております。
装置装着後は凹凸が多くなり従来の歯ブラシでは細かい汚れがとれません。
ブラケット周りの汚れは山型になっている矯正専用の歯ブラシを使用します。
ワイヤー下の汚れは狭いのでワンタフトブラシ(部分用ブラシ)で汚れを落とします。
歯の移動中は隙間ができやすいので歯間ブラシで歯と歯の間の汚れをおとします。
それぞれの清掃道具の使い方は実際に磨きながらご説明いたします。
また、定期的な歯科でのクリーニングもおすすめします。歯石や着色など蓄積した汚れは歯ブラシでは落としきれません。

歯並びは綺麗になったのに装置を外したら虫歯ができていた…なんてことのないよう、口腔ケアもしっかりしていきましょう。

↓ ↓ インターブレイス ↓ ↓

↓ ↓ タフトブラシ ↓ ↓

↓ ↓ 歯間ブラシ ↓ ↓

無料初診相談のお申し込みはこちら↓ ↓ ↓

お問い合わせ

矯正治療は痛いですか? / 大阪市 歯列矯正歯科

2017年03月22日

矯正治療を考えている患者さんは矯正治療中の痛みを不安に思っている方も多いと思います。

しかし実際に矯正治療を始めてみると「思ったよりも痛くなかった」や「我慢できる痛さだった」と言う声を聞きます。
ですが痛みの感じ方は人それぞれですのですべての矯正治療中の患者さんに対して「思ったよりも痛くない」とは
言い切れません。

【調整した時の痛み】
矯正装置を付けてから、もしくは調整して数時間後、徐々にうずくような痛みがあります。
これは歯に力が加わり、少しずつ動いているからです。歯の周りの骨が動かされることによっての痛みなので
虫歯による痛みとは異なります。
初めて矯正装置を付けた時は1週間ほど痛む事もありますが、治療を続けて数か月立つと慣れてきて調整した後
痛みのピークは3.4日程度になると思います。

【装置接触による口内炎の痛み】
口の中は体の中でも刺激に対して最も鋭い感覚がある場所です。
装置が口内に接触することで、口内炎になってしまう場合もあります。
器具に慣れてきたり、歯並びが整ってくるにつれてこういったことも減少してくるかと思いますが、
痛みを感じる時は矯正用ワックスをご使用ください。
原因になっている装置の部分をしっかり包めるくらいの大きさにちぎって丸く形を整え装置に貼り付けてください。
ワックスをつけたいブラケットとそのまわりを、ティッシュ等で唾液をふき取って頂くと貼り付けやすいです。

【食事中の痛み】
矯正装置を付けた後や調整した後、歯が動くときの痛みがある際は、特に食事で咀嚼する時に、痛みを強く感じるものです。
痛みを感じる時は出来るだけ柔らかい食事を取るようにしましょう。
具だくさんのスープや雑炊、うどんなどの麺類、グラタン、ドリアなどあまり噛まなくて呑み込めるものが慣れるまでの間はおすすめです。

個人差があるものの矯正は痛みを伴います。
ですが矯正治療中ずっと痛みを抱えるわけではありません。
徐々に消えていくものであるという事も知っておいてください。
歯が動いていてくれている痛みとして喜びに感じて頂けたらと思います。
終了した時のきれいな歯並び、素敵なスマイルを想像して乗り越えてください。

無料初診相談のお申し込みはこちら↓ ↓ ↓

お問い合わせ

矯正治療を楽しむ”カラーモジュール” / 淀屋橋 歯列矯正歯科

2017年03月14日

矯正治療を楽しむ”カラーモジュール”

カラーモジュールをご存知ですか?
モジュールとは、ブラケットにワイヤーを固定するときに使用する小さな輪ゴムです。

この輪ゴムは、カラーが数十種類もあり、治療中は通院のたびにワイヤーを調整すると、同時に輪ゴムを取り替えることになるので、気分や季節、イベントなどに合わせて着せ替え感覚で楽しむことが出来ます。

開始される時に目立たない矯正を希望する方がほとんどだと思います。
ですが、長い矯正治療の中でたまに気分を変えてみて、カラーモジュールを付けて楽しんでみてはいかがでしょう。
最近はファッションの一部としてカラーを選ばれる方も少しずつ増えてきました。
せっかく治療するなら、楽しい方が絶対イイですよね。
装置をかわいく目立たせて治療を楽しむというポジティブな姿勢も素敵です。

無料初診相談のお申し込みはこちら↓ ↓ ↓

お問い合わせ

無料個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。

ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

個別相談

インターネット予約

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満4-14-3
リゾートトラスト御堂筋ビル10F(旧住友生命御堂筋ビル)

治療費「定額制」 12回分割まで無利息

このページの先頭に戻る